前へ
次へ

転職で営業求人を探すとき試用期間の有無を知る

新たに会社に入る人にとって、その会社でうまく仕事ができるか不安に感じることがあるでしょう。
それは採用する会社の方でもあり、その社員が期待通りに仕事をしてくれるのか不安を持っています。
かつては労使の関係で言えば使用者側の権利が強いとされていましたが、今は徐々に労働者側の権利が守られつつあります。
一旦採用してしまうと簡単に解雇できないので、会社に向いていない人を採用してしまってもそのまま給料を払って雇用を継続しなければいけません。
転職しようと営業求人を探すときに見ておきたい項目として試用期間があります。
採用後一定期間設けられて、その期間の働きによって正式な採用になるか雇用契約を打ち切るかの判断がされます。
転職時に営業求人を見るときに給料などの待遇をチェックするでしょうが、試用期間中は正式な採用後と条件が異なることが多いです。
給料が少なめになっているので、希望通りの給料がもらえない可能性があります。
正式採用後にいくらになるのかを知った上で入社する必要があるでしょう。

Page Top